2015年09月24日

美白のためには日焼けのケアを


 紫外線から肌を守ることは非常に重要なことであり、日焼けをしないようにお肌をガードすることは必要不可欠です。日焼け予防をすることはとても大事なことですが、日焼けをせざるをえない状況になってしまったら、どのような対処をすべぎでしょうか。


日焼けした肌をクールダウンさせることは、日焼けケアではポイントです。日焼けで肌がほてっている場合は、ほてりが冷めるまで、冷やした濡れタオルを使ったり、冷水シャワーを浴びます。肌が熱を持たなくなったら、肌のコンディションをチェックします。


日焼けのために水ぶくれができた時には、薬をつけたほうがいいこともあります。見た目は何ともないように見えても、日焼けの影響は進んでいますので、その対応が必要になる場合もあります。


ビタミンC誘導体が配合された化粧水は、美白ケアに対してとても有効だといいます。コットンにビタミンC誘導体入り化粧水を出し、トントンと軽く叩くように肌につけていきます。


クレンジングをする時には、洗浄力が強すぎるものを使うと美白が難しくなりますので、気をつけることです。肌に炎症や荒れがある時に、刺激が強いクレンジング剤を用いると、肌がダメージを受けてしみやくすみの原因にもなります。


毎日のお肌のお手入れに万全を期し、加えて紫外線による肌の老化が起きないようにすることが、美白ケアの根幹をなしているものです。




posted by ginza at 11:33| 美しくなるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。