2015年10月06日

顔がたるむ原因と対策


どうして、顔の皮膚はたるんでしわが増えるようになるのでしょう。

最近は、アンチエイジングに感心を持つ人が増加しています。顔のたるみがひどくなると、顔が老けて見えるようになります。年をとってもなお若々しい見た目でありたいという人はたくさんおり、アンチエイジングにいい化粧品は数多く売り出されています。


お肌のハリがなくなっていくことは、加齢に伴う宿命であるともいえます。とはいえ、規則正しい生活を送ることで、年をとっても若さのあふれる肌でいつづけることはできます。


人間の体はどうしても年齢によって変わってしまいます。肌も年を重ねると保湿力を失い、乾燥が進み、たるみがおきやすくなります。保湿力が下がると、肌に溜め込まれていた水分が出ていき、たるみが出やすくなって、下へと垂れ下がります。


お肌の表層に水分を蓄積しておくことで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分を肌の深層でつくることが可能です。肌のターンオーバーのサイクルが生活習慣の乱れが出たり、紫外線によって肌老化が進むと、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。


この他、たるみの原因には、表情筋が衰退したために、肌へと栄養素を運搬する機能が下がってしまうことがあります。


様々な原因が肌のふるみの原因になってしますが、大抵の場合は、いくつかの原因が組み合わさってできたものです。肌の手入れをきちんと行い、健康的な生活を送ることが、美しい肌を保ち、顔のたるみを予防するために有効です。



posted by ginza at 14:21| 美しくなるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。