2015年08月21日

顔のたるみを防止する


 どんなことをすれば、顔のたるみが出ないようにすることができるでしょう。

年齢による影響や、筋肉の衰えが、顔のたるみの要因であると言われています。年をとると、肌に存在していたコラーゲンが少なくなるために、肌は乾燥しやすくなります。若いうちはハリもあり、弾力もあったお肌も、年をとってコラーゲンが減ると伸びやすくなってしまいます。


人間の皮膚は、重力によって常に下へと引っ張られています。筋肉が弱くなると自身の重みで垂れ下がります。肉や、魚のたんぱく質はコラーゲンを得ることができますので、食事を改善するとたるみ対策になります。


体の中でコラーゲンをつくりやすくするためには、ビタミンCを補給するといいと言われています。日頃の食事では、肉や魚の補給だけでなく、ビタミンCを含む食事を積極的にしていくといいでしょう。


顔面のストレッチや、マッサージも、顔のたるみの予防には有効です。顔のむくみは、顔に不要な水分が残ったり、リンパの流れが悪くなって老廃物が残っていることによって起きるので、マッサージでむくみを解消します。


筋力低下の影響を受けやすい口角や頬のストレッチ運動をすることで、筋肉の低下を防ぎ、たるみがちだった皮膚を引き締めることができます。就寝時はあおむけ姿勢になることも、顔のたるみ予防には有効です。


仰向け以外の姿勢で寝ると、寝ている間に肋骨、肩、あごなどに負担がかかり、顔の皮膚がたるみやすくなってしまいます。


posted by ginza at 11:28| 美しくなるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。