2015年07月06日

にきびに効果がある化粧品


 にきびに対して効果があるという化粧品が多く販売されていますので、にきび用化粧品の選び方とはどういったものでしょう。


お肌ににきびができると、化粧の仕方に悩んでしまいます。年齢によってどんな化粧品がいいかはおのずと違ってきます。まず、どんなにきびができているかを観察しましょう。その内容によって、にきび用化粧品を選ぶ時の指針になります。


思春期のお肌は、皮脂の分泌が多いためににきびができるケースが多いようです。そのため、にきびケアでは洗い上げる力が強いほうがいいでしょう。


皮脂が多いと毛穴に詰まって、にきびが悪化する事が多いので注意が必要です。ただ、皮脂が多いからといって、あまり洗浄力が強いクレンジングや洗顔剤を使いすぎると、保湿力が低下して乾燥してしまう事もあります。お肌の保湿をしっかり行うことも、皮脂汚れを取りのぞくことと同じくらい大事です。


30代や40代でにきびができる人は、臓器の調子がよくない場合や、ストレスが蓄積されている場合になるようです。ホルモンのバランスが偏ることで、肌荒れが進み、にきびができることもあります。


30代からのにきび化粧品は、保湿成分や、美容成分が配合されているタイプで、お肌に栄養と潤いを与えましょう。年齢を重ねたお肌は、新陳代謝が低下してきます。そのため、にきび以外にも、肌の荒れやしわなどの問題が発生するようになります。


若い頃と比べて年齢が高くなってくると、にきびだけでなく肌トラブルを避ける為にも、自分の肌に適した化粧品を選ぶようにしましょう。



posted by ginza at 14:09| 美しくなるには? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。